新しい風待ちdaily

happy44のブログ

スズメ

f:id:happy44:20210805122037p:plain

鳥の名前と姿が一致するのは、スズメとカラスぐらいだが、そもそも、鳥の名前をそんなには覚えてはいない。

 

ベランダで待機

朝、窓から外をみていたら、ベランダにスズメが数匹いるのを発見し、思わず「アッ!」と大きな声を出したら、妻に、朝からうるさいという目でみられた。

どうやら、ご近所でスズメに餌をあげている家があるらしく、まだ、餌がないので、我が家のベランダで待機していたようである。

今日、初めて気がついたのだが、以前から、こういう状況が時々あるようだ。

 

フンの始末

なんとも可愛い訪問者だが、妻は気に入らない様子だ。

チュンチュンとうるさいし、フンの被害にも時々あっているのかもしれない。

青空駐車場にあるマイカーは、鳥のフンの被弾を受けるが、気付いたらすぐに除去している。

一方、ベランダのフン被害など、おまかせであり、不機嫌な理由を聞ける筈もない。

 

焼き鳥

スズメといえば、スズメの兄弟という歌があったと思ったら、 めだかの兄弟だった。

 

スズメの歌というと、大昔に、猟師がスズメを撃って、煮て焼いて食うという歌詞の電線音頭が流行っていた。

スズメなど食べたことはなかったが、先輩に焼き鳥屋へホイホイと連れてってもらい、ご馳走になった際に、スズメの形をした焼き鳥を食べさせられた。

あの可愛いスズメが、こんな姿になってしまうのかと思うと、躊躇してしまい、なかなか、口に運べなかったが、お断りすることもできず、ゆっくりと頂いた。美味しいですと、お世辞を言っていたサラリーマンの頃の思い出。

 

同じスズメでも

スズメは可愛らしいイメージであるが、スズメバチとなると、イメージはぜんぜん異なってしまう。

スズメバチに刺されて救急車で搬送された同僚がいたが、本人曰く、真面目に死にそうになったというのだ。

有名な種牡馬に会いに行く途中で、事件にあったため、折角のお楽しみが中止せざるを得ず、恨みつらみで、大袈裟に話しているのかと思ったら、救急車の到着が遅れていたら、本当にヤバかったようだ。

【アイリスオーヤマ公式オンラインショップ】アイリスプラザ

生活の全てはセブンネットで

らでぃっしゅぼーやのおためしセット

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

トゥルースリーパー セブンスピロー

A8.net