新しい風待ちdaily

happy44のブログ

乗馬記録(2017/6~7月)

f:id:happy44:20210612090348p:plain

過去の乗馬記録。簡単なメモしか残していないが、駈足が出来るまでをブログに残す。

71~74鞍目 乗馬クラブを探す。

ビジター前のクラブをやめてから、早めに新しいクラブを決めたかったが、なかなか時間をとれなかった。

とりあえず、ビジターおよび体験乗馬で通う乗馬クラブを探すこととした。

公共交通機関を使えば、もう少し近いクラブはあったが、着替え等の荷物が多くなるため、基本的には、マイカーを使う前提に、①近いこと、②予約が取りやすいこと、③入会せずに済むことがポイントだ。

  Aクラブ Bクラブ Cクラブ
ビジター可否 チケット 教室 教室
有効期間 4回、2か月 4回、3か月 5回、6か月
レッスン 部班 マンツ―
または部班
部班
移動にかかる時間(車) 1時間30分 1時間30分
(高速利用)
2時間
更衣室 カーテン 部屋 ボックス
シャワー なし あり なし
クラス分け あり なし なし

 Aクラブがいちばん近くて良かったのだが、クラス分けされており、自分の希望時間帯に合わなかったほか、土日は、だいたい1か月先くらいまで予約が埋まっている様子であった。

Bクラブは、前に通っていたクラブに雰囲気が似ており親近感があったが、高速を利用しないと時間がかかることが気掛かりだった。高速代金もボディーブローのように効きそうだ。

Cクラブは、レッスン前にインストラクターが下乗りしてくれるので、馬が軽くいい感じなのだが、やはり移動にかかる時間が気になった。 

一長一短あり、なかなか判断がつかないため、暫くBクラブとCクラブを並行して利用して決めることとした。Aクラブは、自分の中で予約枠の問題がクリアできなかった。

 75鞍目 KPT先生

開き手綱は極力使用しない、踵を下げるようアドバイスを受けた。

今まで、多い時で3頭の部班しか経験したことがなかったが、馬場には5頭以上の馬がいて、複数のインストラクターが1人当たり3頭くらい担当しているようだった。

 

76鞍目 ASK先生

軽速歩の練習。

踵を下げること、手の位置を一定に保つよう指導を受ける。

飛びが大きいので、お尻を鞍に乗せている時間を長くして、リズムを合わせるようにするとのこと。

馬場の鏡を見たら、軽速歩で立った時の姿勢が、腰折れでカッコ悪かった。前傾し過ぎであることを認識できた。

 

77鞍目 ASK先生

軽速歩の練習。

立つのではなく、膝を伸ばすイメージで軽速歩するようアドバイスを受けた。

ASK先生は、隅角で内に切れ込もうとする、勝手に止まる、扶助に従わず前の馬を追うなど、全然コントロールできなかった。

馬場に馬が多かったためか、ASK先生も集中できていなかった。

落馬した人ががいたが、幸いけがはしていないようだった。

自分も馬も集中力を切らさないようにしないといけないと思った。