新しい風待ちdaily

happy44のブログ

all that jazz

f:id:happy44:20210603200426p:plain

雑記ブログであっても、なかなか書くことが出来ない。

毎日が自分との戦いのようなものだ。 

死にたくねぇ

先日の青天を衝けでは、平岡円四郎が暗殺された。堤円四郎ロスという人も沢山いたようで、自分もそうかもしれない。

NHK大河ドラマのお陰で、少し歴史に興味が持てるようになってきた。

平岡円四郎を暗殺した人間は、何かを信じて行動したのであろうが、人を殺しちゃダメでしょう。

平四郎も、殺されないようにもう少し警戒しても良かった筈だけどな。

 

戦争は嫌だ

およそ160年弱前の江戸時代は、まだまだ物騒な世の中だったようであるが、現代でも、紛争は各地で起きており、ミャンマーやイスラエ、ハマスの争いが記憶に新しい。

ただ、どこか遠い世界の話に思えて、なかなか実感を持つことができない。

もっとも、イスラエルハマスの紛争は、世界中を戦争に巻き込む恐れがあったようで、停戦になって本当に良かった。

また、ミャンマーは、日本と経済的に関係が深いようであり、気になるところではある。

でも、自分にとっては、コロナの方が身近な問題だ。

 

自動車の未来

トヨタが24時間耐久レースに出場し、水素自動車で出場し完走したとの報道があった。

戦争になったら、自動車レースどころではないが、走る実験室で、成果をあげ、日本の未来のために頑張ってほしい。

トヨタの市販の水素自動車に、MIRAIという車があり710万円から販売されているが、売れているのだろうか。

世界の潮流は、EV(電気自動車)であり、ハイブリッドシステムで、業界をリードしてきたトヨタにとっても安泰ではない。

国は、2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指すとし、自動車については、2035年までにすべての乗用車の新車をEVやハイブリッド車燃料電池車などの電動車にする目標を設けたらしい。

自動車産業は、裾野が広いといわれているが、EVにより経済状況も大きく変わってしまうかもしれない。

自分とは、ハイブリッド車には全く縁がない。

それでも、現状を考えると充電施設が少なく、充電にかかる時間や、走行距離を考えると、EVよりもハイブリッド車の方が、良いように思える。

国は、電動化推進のために、EVの充電施設を増やす計画を進めている様子だ。トヨタは一石を投ずることが出来るのだろうか。

環境問題も、自分が感じているよりも、大きな問題なのかも知れない。自分の住む地球を破壊し、住めなくしているのだとしたら、戦争と同じくらい重要な問題だ。 

しかし、能天気な自分には、コロナの方に目が行ってしまう。 

渋沢栄一のような人物が現れてくれると信じていれば救われるのだろうか。

セブンネットショッピング