新しい風待ちdaily

happy44のブログ

新しい世界を広げてほしい

f:id:happy44:20210522214332p:plain

 

保育園が変わって、内弁慶の性格に拍車がかかってきた感じがする。

そのうち、行きたくないと言い出すのではないかと心配だ。

言葉遣い等の変化

今までも、我儘な点は見られたものの、注意した際には、話を聞いていた。

ところが、悪いことをしたので、注意しようとすると、聞かないように無視したり、胡麻化そうとしたり、人のせいにするようになった気がする。

いちばん驚いたのは、言葉が汚くなったことだ。悪いことを注意すると、反抗的な態度で、「なんだお前」、「パンチするぞ」など、信じられない言葉を吐く。

ピストルを作って、敵を撃って倒すという遊びをし始めている。まだ、戦隊もの等のテレビ番組は見ていないので、これは、保育園のお友達の影響だろうか。

 

泣きわめき散らす

描いた絵をハサミを使って切り取る際に、誤って絵を切ってしまったら、今までは、テープで貼れば直るからと言ってあげると納得していたが、ここにきて、泣きわめき散らし、頭をソファーに打ちつけるなど、手に負えない状況に陥っている。

気に入らないことがあると、物を放り投げたり、机の上から遊んでいたおもちゃを落とす。以前から、その傾向はあったが、酷くなった気がする。

 

環境整備

環境に影響されない人間なんて、そうそういる訳はない。

昔、子供が私立中学に行くと突然言い出したことがある。塾で中学受験する人が多かったためだ。

学力低下から塾へ行かせていたので、中学受験など考えられなかったが、本人が行きたかった訳ではなく、周りがそうだからといった話。

孫がいつまでも内弁慶では困る。大半の時間を過ごす保育園からプラス、マイナスそれぞれ影響を受けると思うが、良い影響の方が多いことに賭け、暫くは様子見だろう。

 

はらぺこあおむし

はらぺこあおむしの作者が亡くなった。

はらぺこあおむしの本は、何度も目にしたことはあったが、自分には、表紙のあおむしが美しいとか綺麗とか思えなかったので、中を開いてみる気にはならなかった。

孫に聞くと、はらぺこあおむしは持っているという。

わが家のおもちゃには、飽きている様子であり、はらぺこあおむしといっても、いろいろなバージョンがあるようなので、既に持って本とダブらないかもしれないし、ダブっても、自分が楽しめばよいと思い買ってみた。

単純なお話だが感動したし、絵も思った以上に綺麗で、自分の子供に与えなかったことが悔やまれた。

ただ、有名な絵本だから、どこかで読んでいるだろうと開き直る自分。

これから、いろいろなことがあると思うが、最後は蝶のように飛び立って、新しい世界を広げてくれるに違いない。

生活のすべてはセブンネットで【セブンネットショッピング】