happy44のブログ

雑記ブログです。

乗馬記録(2016/10月)

 

f:id:happy44:20210517130643p:plain

 

過去の乗馬記録。簡単なメモしか残していないが、駈足が出来るまでをブログに残す。

 

 レッスン33(MKR先生)落馬後初レッスン

MKR先生の馬装は、バタフライ→穴あきゼッケン→ゲルパッド。鞍をのせる位置は特に注意が必要とのこと。

しばらく休んでいたので、色々とすっかり忘れてしまっていた。今日は、無理をせず常足のみの練習。

乗馬を継続するか、やめようか悩んだように思う。この段階で、恐怖を感じなかったことが大きかったかも。それにしても、やめなかったのは自分でも意外だ。

 レッスン34(PNSY先生)初めての部班

PNSY先生の頭絡は、ハミが付いていない特殊な形状でした。口の中の具合が良くないということ。MKR先生同様、バタフライ→穴あきゼッケン→ゲルパッドの馬装でした。

PNSY先生とても前進気勢がありましたが、部班だったからですね。前の馬とは1~1.5馬身あけて下さいと指示を受けましたが、上手くできませんでした。

部班が初めてだったので、不安でしたが、何とか参加できました。部班に参加できたということは、部班でも大丈夫という一応の水準に達したということなのでしょうか。

 レッスン35(MKR先生)乗り手によって対応を変えているそうです

MKR先生は、まったく扶助に反応せず、適当に歩いていたため、一旦、インストラクターと乗り替わり。

定跡を外れないように内方脚で外側へ押すと指示されが、上手くできませんでした。MKR先生は、分かっているけど、知らない振りをしていたそうです。

 レッスン36(EDO先生)前かきをくらう

EDO先生の馬装は、インストラクターが行ってくれましたが、解除時は、問題ないとのことで自分が対応しました。

しかし、何か気に入らなかったのでしょうか、前かきを足にくらってしまいました。やはり、馬は予想できない動きをするので、細心の注意が必要ですね。緊急事態宣言のように、慣れてしまってはダメです。

手の位置が高いので、低くして、馬の首が上下に動くので、それに合わせるようアドバイスがあった。今でも、手の位置が安定していないのだから、乗馬は難しい。

楽天市場