happy44のブログ

雑記ブログです。

一期一会の味

f:id:happy44:20210512092034p:plain

納豆王国

納豆が好きだ。納豆は、色々な料理にアレンジされるが、どれを食べても、美味しい。

長い間、ご飯と一緒に食べるなら、ネギを混ぜた納豆が、シンプルで一番だと思っていたが、納豆王国の茨城県民が生み出したそぼろ納豆を食べて以来、自分の中では、そぼろ納豆が最強となった。 

 

そぼろ納豆

茨城県へ行く機会があり、ビジネスホテルの朝食で食べたそぼろ納豆が忘れられない、運命の人に出会ったような衝撃だった。

そぼろ納豆については、全く知識がなく、どんな食べ物だろうと恐る恐る箸をつけたら、納豆と切り干し大根を混ぜたもので、シャキシャキの歯ごたえとその味に心奪われ、ダイェットしているにも関わらず、ご飯をお代りしてしまった。

そぼろ納豆は、市販されているが、基本的には各家庭で作られるもののようである。駅の売店で、お土産用のそぼろ納豆を購入した。ホテルで食したものと味は異なっていたが、それはそれで、美味しかった。

納豆と切り干し大根があれば、自分でも作れそうであるが、面倒なので、食べたいと思った時には、都内で購入できるお店まで出向き購入していた。

市販されているものも美味しいが、自分好みの味に出来るので、料理好きの人は挑戦してみる価値はある。

 

納豆最中

そぼろ納豆ほどではないが、子供のころ、学校給食で衝撃を受けたのが、納豆最中である。

納豆最中とは、アイス最中のようなもので、アイスを納豆に置き換えたもと考えてもらえばよい。凍らせた納豆と最中の皮は想像以上に相性がよいが、ご飯の共というよりも、おやつだ。

検索すると、納豆が冷凍されていない、もなか納豆という商品もあった。しかも、大阪の会社が販売しているというのであるから驚きだ。関西圏でも好きな人はいるということだろう。

 

お取り寄せ

納豆は身近にある食品であり、切り干し大根等の材料を調達できれば、そぼろ納豆、納豆最中、もなか納豆も自作は可能だが、お取り寄せも出来る。

ただ、そこには自分の憧れの「そぼろ納豆」はない。 その時、その場でしか味わえない一期一会の味だったのだ。

期間限定イチ押しグルメが大集合!買うなら楽天市場