新しい風待ちdaily

happy44のブログ

子供の本

f:id:happy44:20210504085649p:plain

GWは、コロナの影響で孫たちはおうち時間を過ごしているようだ。遊びに来ても、新しいおもちゃがないのでつならないかも知れない。

子供の成長は早く興味の対象もどんどん変わるので、いつまで活躍してくれるかわからないが、わが家にある数少ない本のうち、お気に入りの本はこれだ。

1才用:だるまさんが

丁度良いサイズ感で、小さい子供でも、ページがめくり易いようだ。だるまさんシリーズをプレゼントしたが、遊びに来たとき用に、我が家にも、「だるまさんが」を1冊購入した。

だるまさんが、「どてっ」、「ぷしゅーっ」、「ぷっ」、「びろーん」、「にこっ」と絵本をみて、同じように、からだで表現している。

おもちゃを取り合い喧嘩するお兄ちゃんも、何故か優しく妹に読んであげことができる魔法のような本だ。

4才用:トミカ1000超パーフェクトコレクション

絵本ではないが、車がたくさん載っている。ひとりで、本をながめてくれるといいのだが、そうもいかないのが、本選びの難しいところ。

掲載されている車を指さし、これは何と聞かれるので、車名を答えなければならない。掲載されている台数が多いのでこれは、相当エネルギーが消耗される。

はじめは真面目に、本に書いてある通り、車の名称を読んでいるのだが、だんだん疲れて面倒になり、「スズキスイフト」と記載されているのを、「スイフト」と省略すると、「違うでしょ。スズキスイフトでしょ。」と怒られたりする。

ちなみに、トミカが、トミカ風のおもちゃと異なり優れている点は、①ドアミラーがないこと、②タイヤが取れないこと、③ドアが開くなど細部にもこだわっていることだ。

1才の孫は、まだ、口になんでも入れてしまうので、部品を誤飲する恐れがあるが、ドアミラーは元々ないし、タイヤも簡単に外れないので安心だ。

 まだ興味なし:ノラネコぐんだん

絵が可愛いし内容も面白かったので、喜ぶと思い購入したが、ほとんどスルーされている。

自分は気にいっているので、ノラネコぐんだんの面白さが分かる子供に育ってくれることを願っている。