新しい風待ちdaily

happy44のブログ

ナピラ

f:id:happy44:20210419221612p:plain

最近ハマっているナピラ。

TVで見て簡単そうだったので、挑戦したところ、おいしく作れたので、冷蔵庫にご飯が残っている時は、ナピラを作ることが多い。ナピラとは納豆ピザライス(略称?)のことで、主に埼玉県本庄市方面で食されている様だ。

ナ・・・納豆

ピ・・・ビザ

ラ・・・ライス

日本全国には、名前から内容がかわからない食べ物が色々ある。遠い昔、エスカロップという名前の食べ物を、わざわざ食べに行ったことがあるが、ナピラも納豆ピザライスと呼ばないところが謎めいていて良い。

個人的には、ピザ生地の代わりにライスを使い、ピザ風の納豆料理と勝手に定義した。なので冷蔵庫に、「納豆」、「チーズ」、「ライス」があれば、「ナピラ」を作ることは朝飯前だ(具がなくてもよい)。

TVで紹介されていた基本的な作り方は、以下のとおり。

  1. 器にご飯を平らにもる
  2. ご飯に醤油をかける
  3. その上に、納豆をのせる
  4. 納豆にピザソースをかける(私は、ケチャップで代用)
  5. 具(ベーコン、ピーマンなど)をトッピング
  6. とけるチーズをのせる
  7. 焼く(細かな点は、忘れた)

ピザ風の食べ物なので、ピザソースとチーズの相性が良いのは当然だが、これと納豆との相性もなかなかだ。

そしてこの料理の最大のポイントは、「2.ご飯に醤油をかける」だ。

TVで紹介されていたナピラでは、ご飯に醤油をかけていた。私の脳が、なぜ醤油をかけるのだと反応したことを覚えているから間違いない。納豆と醤油を混ぜてご飯にかけるのであれば、普通であるが、ご飯に醤油をかけるという発想が素晴らしい。

ネット上、納豆ピザライスのほかにも、納豆ピザパン、納豆ピザトーストなども掲載されていた。ざっと目を通したが、醤油をかけるというものは見つけられなかった(丁寧に探せばあると思うが)。

とけたチーズと醤油、それにご飯が絶妙に絡み合い、私の記憶の奥深いところに眠っていた懐かしい味が蘇り、ピザ風の納豆料理を「ナピラ」に昇華させている。大げさに表記するとこんな感じか。

ナピラを作る際に、ご飯に醤油をかけることを考えた奴はすごいな!