happy44のブログ

雑記ブログです。

人生は短い、思いたったが吉日なのさ

f:id:happy44:20210517220112p:plain

今週のお題「やる気が出ない」

やる気がでない時もあるが、自分がどんなことをしたいのかが明確になっていないためではないか。

まずは、何を成し遂げたいのか整理してみる。何も思いつかない場合は、思いつくまで考えるしかない。

思いたったが吉日

何か思いついたら行動する。

形から入るのでも良いし、色々計画してからでも良いので、まずは動いてみる。

大リーグで活躍中の大谷選手が高校1年生の時にドラフト1位8球団指名を実現させるために作成した目標達成シートの話を知っている人も多いと思う。

自分は、高校生の頃、なんとなく学校へ行っていただけであるので、毎日、やる気がでない状態だったが、大谷選手は、既に明確な目標を設定し、具体的に見える化して、それに向かって邁進していたのだから、やる気がでないなんてことはなかっただろう。

やる気がでないイコール選手生命の終わりとなるのだから。凡人とは比較しても仕方だないが、目標を本気で設定することが大切だと分かる。

蛭子さんの場合

蛭子能収さんの著書によると、目標は死なないことだそうだ。寿命であれば仕方のないことだが、突発的な出来事は避けなければならないと考え、「誰かに殺されないようにしている。」そうだ。

まあ、死なないこと=選手生命を守ると考えれば、蛭子さんと比較するのもヤボに思える。

誰かに殺されないよういしている。」とは、身も蓋もない感じだが、死なないための手段としては、自由であることも記述されている。自由でなければ、死んだも同然ということだろう。そのための具体策が仕事だ。

また、自由と同様に競艇が位置付けられており、競艇をするためなら、仕事は頑張れるということのようだ。

死なないためには、自由が必要であり、そのために仕事でお金を稼ぎ、家族を養い、競艇を楽しむ。素晴らしいではないか。

現在は、蛭子さんは認知症を公表して、生活スタイルが変わったようなので、ちょっと変化しているかもしれないが、基本的な軸はブレていないだろう。 

自分の場合

 死なないことが目標というよりは、死ぬまで人生を楽しむということだろうか。最近は、やる気がでないというよりも、ブログネタがなくて、死にそうだが、とりあえずブログの充実⇒毎日投稿という目標を設定しているので、その目標達成に向けてやる気を出す。

 

happy44.hatenablog.com